相談

国民病と呼ばれる糖尿病【血糖値の数値に気を付けよう】

肥満の人は気を付けよう

病院

昼間に睡魔が襲ったら注意

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている時に一定時間呼吸が止まってしまう症状です。医学的に、10秒以上気道の空気の流れが停止したら無呼吸状態とみなし、その無呼吸状態が一回の睡眠に30回以上、または1時間あたり5回以上起こる場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。眠っている時に呼吸が止まっていることを自覚できる人は少ないため、検査や治療などを受けていない人もたくさんいるとされている病気で、近年患者数が増加しているとされています。睡眠時無呼吸症候群になりやすいタイプがあり、肥満・喫煙・飲酒量が多い・高血圧や糖尿病などの病歴があるなどがあげられます。特に肥満体の人が多い病気ですが、太っていない人でも首が短かったり、首の周りに脂肪がついている人・舌が大きい人などもかかることがあります。

治療をうけて安眠を

睡眠時無呼吸症候群で恐ろしいのは、睡眠時に呼吸が止まることで突然死につながったり、夜に十分な睡眠が得られていないために、日中に影響が出ることです。睡眠時無呼吸症候群は睡眠障害でもあります。しっかりとした睡眠がとれていないことで、日中に眠気が襲い、判断力や集中力が低下しやすくなります。また突然の眠気に襲われ、交通事故や産業事故などを起こす人もいます。睡眠時無呼吸症候群になって社会的立場が悪くなってしまわぬよう、予防や治療が大切です。いびきを指摘されたり、呼吸が止まっていると指摘を受けたら速やかに病院を受診しましょう。睡眠時無呼吸症候群と診断を受けたら、マウスピースやCPAPという呼吸療法などで治療を受けることが出来ます。