相談

国民病と呼ばれる糖尿病【血糖値の数値に気を付けよう】

多様なメリット

女性

ガンマナイフとの違い

がん治療の三大治療法の一つとして、放射線治療は高い効果を持ちます。放射線は、がん細胞のDNAにダメージを与え、これを壊すからです。その中でも、装置を用いたサイバーナイフやガンマナイフは、放射線照射の効率が高い特徴があります。両者は名前もよく似ているため、注意点として違いを確認しておきましょう。まず、サイバーナイフは、コンピュータで制御するアームタイプのものです。アームの先端からX線を照射することが可能です。位置を変え、さまざまな角度から、高濃度の放射線を正確に照射することができます。もともとは、脳腫瘍のための装置ですが、他の部分にも応用できます。具体的には、頭頸部や肝臓、肺、すい臓、前立腺などが挙げられます。一方で、ガンマナイフは、CTやMRIのような形状の装置です。装置内に頭を固定し、ガンマ線を一点に集中して照射します。脳腫瘍専門の放射線装置なのです。脳腫瘍の場合は、どちらの治療法も可能となる点は確認しておきましょう。

先端治療を保険適用で

がんへの研究や治療法は、日々進化を遂げています。先端の治療法であればあるほど、完治する可能性も高くなるものです。このような理由から、サイバーナイフは人気を集めています。また、サイバーナイフを活用するメリットは、がん細胞に狙いを定めたピンポイントな照射が行えることです。これによって、正常な細胞を傷つける可能性を大きく減らすことが出来るのです。このため、術中の体力も温存でき、術後の体力回復もスムーズになります。したがって、お年寄りからのニーズが高い特徴もあります。加えて、サイバーナイフは保険の適用があるものです。高額な費用をかけることなく、先端の治療を受けることが可能なのです。転移しておらず、低料金で先端の治療を受けたい方は、ぜひサイバーナイフを検討してみてください。